《ニュース・お役立ち情報》


令和2年12月28

混乱の令和2年が終わりますね。

皆様、1年間本当にお疲れ様でした。

今なお新型コロナ感染の広がりの中にあり、

健康を第一に、そして同時に事業をかじ取り

していかなければならない困難さをお察しし

ます。

今しばらく、最善の努力を続けましょう。

かならず良い方向に向かうと信じています。


令和2年9月19

テレワーク規程を作りましょう

このコロナ禍において、従業員を会社に出勤

させず在宅勤務で対応した企業が多いと思い

ます。

緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロ

ナウィルスの危険が無くなったわけではあり

ません。

せっかく定着した勤務スタイルですから、今

後も継続していくことを考えている企業も多

いことと思います。

では、皆さんの会社の就業規則には、この在

宅勤務に対応した定めがあるでしょうか?

・出退勤の報告は?

・通勤手当は?

・通信等の費用負担は?

これまでは緊急事態でしたから、あいまいな

ままにしていた部分もあるかと思います。

しかし、今後も継続していくならば、従業員

さんに安心してもらうためにも、就業規則を

改定していく必要があります。

この機会にテレワーク規程を整備することを

おすすめします。

下記の過去記事もご覧ください。


令和2年4月26日

練馬の有志でGWのZOOM相談会を実施


令和2年4月15日

練馬区の産業情報誌『neri・made第19号』

にコラムを書きました。

テーマは同一労働同一賃金についてです。

中小企業への適用まであと1年です。

新型コロナウィルスで大変な時期であるとだ

と思います。

もちろん事業の維持を最優先で考え、なんと

か乗り切ったら、同一労働同一賃金について

もしっかり対応していきましょう。

P.6「教えて社会保険労務士さん」

https://www.nerima-idc.or.jp/bsc/4c3b46fd07b898bb0cd64cf227df975b40498529.pdf


令和2年4月6日

経営者向け支援策の一覧

新型コロナウィルスにより経営環境に影響が

出ている経営者の皆さま向けに、国等による

支援策をまとめたものが、経済産業省のHP

に公開されています。

 

タイトル

『新型コロナウィルス感染症で影響を受ける

事業者の皆様へ』

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

 

融資や助成金などの支援策全般がまとめられ

ているものです。

なにか活用できるものがあるかもしれません

ので、ご覧になってみてください。


令和2年2月25日

派遣会社の同一労働同一賃金

《対応はお済みですか》

派遣元事業者の皆様は、同一労働同一賃金へ

の対応への取組を開始していますか?

均等・均衡方式」「労使協定方式」のいず

れを採用するにしても様々な手順を経る必要

がありますので時間がかかります。

労働者派遣における同一労働同一賃金は、一

般業種の同一労働同一賃金と異なり、企業規

模による段階施行ではなく、一律に令和2年

4月1日より適用開始となります。

 

《豊富な支援の経験》

ばば社労士事務所代表は、厚生労働省委託事

業『働き方改革推進支援事業』において全国

社会保険労務士会連合会より派遣専門家を委

嘱され、派遣元事業者の皆様への豊富な支援

経験とノウハウがあります。

 

《労使協定方式を要請された?》

クライアントより「労使協定方式」を採用し

なければ他社に切り替えると通告されたとい

う話を、皆様から頻繁に聞くようになりまし

た。

派遣先企業の立場からすると「均等・均衡方

」を派遣元事業者が採用した場合、比較対

象労働者の選定やその情報を詳細に派遣元事

業者に提供する義務が生じますので、その手

間を嫌がっているということなのかもしれま

せん。

 

《ご相談ください》

同一労働同一賃金への対応は、令和2年3月

中に完了させなければなりません。

例えば「労使協定方式」ならば、

①現状の賃金と局長通達で示された賃金額と

の比較

②賃金テーブルの決定

③労使協定締結・就業規則改定

④福利厚生施設・教育訓練の情報入手

⑤派遣料金の交渉

となります。

スムーズに賃金制度を策定するためには、専

門家による助言や制度設計が必要です。


 03-4296-8357 

baba.k@sr-babaoffice.com