無期転換ルールの適用開始

令和30年4月1日以降、この制度が順次適用とな

る有期契約従業員からの無期転換申込が増えてきて

いますが、もうスタートしているからといって放置

しておいてよいものではなく、きちんと体制を整備

しておく必要があります。 

例えば、皆さまの会社では就業規則上の正社員の定

義はどのように定められていますか。

その定義によっては、今まで時給制のパート勤務だ

った従業員が無期転換した途端に、正社員と同じ扱

いをしなければならなくなる場合があります。

月給制にして賞与を支払い、さらに退職金も用意を

しなければならない・・・。 

無期転換ルールでは、会社と従業員との労働契約の

内容は契約期間についてだけを「無期」にすればよ

く、これまで時給制であったのであれば時給制のま

まで良いのです。

個別の労働契約では、その点をきちんと定めていた

としても、就業規則の定め方次第では無用なリスク

背負うことになり取り返すことのできないものと

なるおそれがあります。

 

多くの企業で、いますぐ就業規則等の見直しをする

必要があると思われますので、ご注意ください。

まずは、お問い合わせを。

 

《必要な作業》

・有期契約者の個別の契約内容の確認

・現状の就業規則の新規作成・改定

・無期転換従業員用の就業規則の新規作成

・賃金制度の見直し・賃金規程の改定

・退職金規程の改定

など、事業所の現状に応じて必要な作業のパターン

がさまざまあります。


 03-4296-8357 

baba.k@sr-babaoffice.com